当院の理念

当院の理念

石井クリニック HOME >  診療案内  > 当院の理念

石井クリニックは、1984(昭和59)年に開設し、当時としては珍しい

児童精神科専門のクリニックとしてスタートし、主として自閉症やアスペルガー症候群、

ADHD などの発達障害をはじめ、不登校や神経症などさまざまな問題を抱える、

幼児や学童、思春期の子どもさんと、そのご家族の相談に乗ってまいりました。

2010年より、石井卓 (いしいたかし) が2代目院長に就任し、先代(石井高明)の方針を引き継ぎ、

診療にあたっております。

 

現在、テレビや新聞、書籍、インターネット等を通じて、

子どもの精神科 (特に発達障害) に関する膨大な情報に、

誰でも簡単に触れることができる時代になりました。ただし、

本やネットでは、一般的な情報は得られても、今、目の前の子どもにどうしたらよいかを

教えてくれる訳ではありません。それぞれの子どもは、千差万別で、皆違うからです。

 

石井クリニックでは、

それぞれの子どもさんやご家族が抱えている課題や事情、

個性の違いを大事にしながら、

これまで大勢の子どもたちと出会ってきた経験と知識を踏まえて、

ともに考え、不安を軽減し、疑問や悩みに答えていく診療を心がけています。

このページの先頭へ